牡鹿半島〜女川

2011.9.4

AWA311の二日目の仕事は、
今回の被災で南房総に移転入院した方やその家族を見舞うことから始まった。
石巻の市街地から少し行ったところの住宅街だった。
谷地と呼ばれるその場所は、
ここが津波でやられたら、石巻は全滅だよ、といわれた場所だった。
再開されたお店を見ると、そこここに被害の後が見受けられた。
一見すると復興されたかにみえるいろいろな場所も、
この半年で、みんなが力を合わせてここまでにしたのだと実感した。
次の方の場所も、家の壁にあちこちに亀裂が入り、
屋根瓦は多く壊れてしまっていた。
どちらも家族の顔が穏やかで、
南房総に移転できたのを喜んでいたのが印象的だった。
ひとりの人間の最期を明るくすること、
これも医療の現場の仕事だと思った。

それから昨日少し回った牡鹿半島に入った。
女川の市街地から遠くはずれたところに、いくつかの仮設住宅が建てられていた。
今、支援として、どこで何が求められているのか、
現地に入っているボランティアも悩むところではないだろうか。
石巻も女川ももう公的には積極的にボランティアを受け入れている様にはみえない。
それでも現場は、これでいいのだろうか、という感慨もあった。
市街地から遠い仮設住宅では、
まだまだ、こんな支援物資も役に立っている様に感じた。

お昼近くになり、ひとまず女川綜合体育館で炊き出しをしている部隊と合流した。
この大きな体育館で、まだ120人の人が避難していた。
被災から半年経っているのに、まだ、体育館での避難が続いているのだ。
炊き出しは、焼きそばと豚汁だった。
近隣の仮設住宅の人々の分も含めて300食を用意した。

AWA311の男性部隊は、朝早く雄勝町へ向かっていた。
ここはなかなか物資の届かないところだと聞いていたからだった。


今、このブログを書き込む時点で、
わたしは石巻で医療支援をしている亀田総合病院の小野沢先生の講演を聞いている。
そのことに関しては後で述べようと思うが、これらの状況の違いは、
それぞれの自治体の行政の対応の違いからきていることもわかってきた。

わたし個人は当時日本にいなかったので、阪神淡路大震災を経験していない。
今回の東日本大震災は、被害が甚大過ぎて、
阪神淡路大震災の教訓が生かされない、とも聞く。
しかし、わたしたちは既に東日本大震災を経験してしまったのだ。
失われたいのちから、救われたいのちから、
わたしたちはまだまだ多くのことを学ばなければならないと思う。
[PR]

by boshu-moyai | 2011-09-11 22:52 | 被災地と房州をつなぐ