虹の架け橋プロジェクト

福島の子どもたちが、
南房総に来て、思いっきり、遊んだ。

流しソーメンを食べるために、自分で竹の器を作った。
のこぎりを使うのも、大変だ。ちょっと手が痛くなったね。
竹のお箸も、自分で作った。
小刀を危なくないように、用心しながら使い、竹を削った。

輪切りの竹のあまりで、竹ぽっくりを作って遊んだ。
あまりの竹で、竹とんぼも作った。


お腹がぺこぺこになったら、ようやく流しソーメンが始まった。
上手にソーメンを取った子、取れない子、いろいろいろいろ。
トマトも流れてきた。手づかみで取った。


思いっきり、外で水遊びもした。


かき氷も食べた。
自分で氷を力一杯ぐるぐるまわした。
ブルーハワイ、ストロベリー、以外にみんな、抹茶が好き。


コットンクラブのお手製のハンモックも活躍した。
ブランコみたいにしたり、居眠りしたり。
よかったな。持ってきて。

福島の子どもたち。
27人の福島の家族。
今日は楽しかったね。ありがとう。


夜はキャンプ。BBQだよ。

a0232486_121394.jpg
a0232486_1211975.jpg
[PR]

by boshu-moyai | 2011-08-07 11:46 | 被災地と房州をつなぐ